山梨県ワイナリー・ワイン・イベント・ワイン会 紹介ポータルサイト

第14回ワインストーリーを開催しました

2016年05月02日

第14回ワイン会 くらむぼんワイン様

今回(4/24)は、山梨県甲州市勝沼のくらむぼんワイン代表取締役社長の野沢たかひこ様をご案内人に迎えました。野沢様は山梨の若手ワイン醸造家グループ「アサンブラージュ」の会長としても活躍されています。この日のために、まだ発売されていない「ベルカント マスカットベイリーA天然酵母 2015」を特別に樽詰めしてご提供くださいました。そのほか、国産ワインコンクール(現日本ワインコンクール)で銀賞を受賞した「カベルネソーヴィニョン七俵地畑収穫 2013」など5種類のワインを提供いただきました。

また、旬の食材として南部町の特産品である竹の子を地元の方からご提供いただき、この竹の子とワインのマリアージュが注目されました。

今回、くらむぼんワイン様からご提供いただいたワインリストは以下の通りです。

くらむぼんワイン様こだわりのワイン5銘柄

・ソルルケト甲州 2015
2015年は甘味と酸味のバランスが良い年で、11月3日に新酒として発売したものです。ライム、柚子や橙のような爽やかな果実香が特徴的で、フレッシュな果実味と酸味があり、すっきりした辛口となっていて、生牡蠣、山菜の天麩羅や野菜鍋など、和食全般に合うデイリーワインです。

・ベルアルバ マスカットベイリーA 2013
2013年は猛暑でブドウの糖度が上がりました。セニエ(醗酵前の果汁を液抜き)した後の果汁を、果皮についた天然酵母でゆっくりと醗酵させました。アプリコットやバラのような香りがあり、無ろ過で果実味がしっかりしていて味わい深く、様々なお料理に合うワインです。

・ベルカント マスカットベイリーA天然酵母 2015 未発売
このワイン会のために特別に樽から瓶詰しました。天然酵母にて1カ月程ゆっくりと醸し醗酵させた後、フレンチオーク樽にて4カ月熟成しています。カシス、甘草や花のような香りと樽香がとても芳しく、無ろ過のため、旨味を伴った果実味がある自然な味わいになっています。

・カベルネソーヴィニョン七俵地畑収穫 2013
2007年から自然栽培を行う七俵地畑産のカベルネ種を中心に天然酵母でゆっくり醸し醗酵させました。干しプラムやカシスのような香りと樽香があり、凝縮した果実味と渋みがあり、味わい深い無ろ過のワインです。和牛や皮目をしっかり焼いた鶏肉などとの相性が抜群の限定ワインです。

・あじろんスパークリング 2015
勝沼町周辺でしか栽培されていない希少なアジロンダック種で造りました。イチゴジャムのような甘い香りが特徴的で、爽やかな泡と濃厚な甘みと果実味があり、後味もすっきりした珍しい甘口の赤スパークリングです。

第14回ワイン会 ゲスト

山梨の食材としましては、オオタ総合食品専務取締役の三森一様から、独自ブランド「甲州信玄豚」誕生の経過、飼育の工夫、味の特徴などをうかがいました。

デザートの花ラスクも富士山の麓で栽培されたダマスローズの花びらを使用しています。サンクフルール代表の五味久美子様からは、この花ラスクの紹介をうかがい、母の日も近いため、花とラスクをセットにした特別のギフト商品を、抽選でお客様にプレゼントしていただきました。

また、特別ゲストの山梨大学ワイン科学研究センター長の奥田教授からは、ワインとテロワールについてお話ししていただきました。

14回ワイン会 料理とワイン ワイン会の様子

こうして、ワインと食材のお話を聞きながら、くらむぼんワインと山梨食材のマリアージュを満喫し、第14回ワイン会は終了しました。